ブログ

初めまして🪴

みなさん初めまして、SNS主体でHSPさんをはじめとする生きづらさを抱えた人に温かい居場所を提供するために、活動を始めました、Kitaちゃんといいます。ブログを閲覧していただきありがとうございます。

はじめに

はじめに、私がブログを始めた経緯をお話ししたいと思います。

私は、新型コロナウイルスの感染拡大が広まった2019年の5月ごろからうつ病を発症しました。

自分で言うのもなんですが、幼少期から真面目で責任感が強く、好き嫌いの好みがはっきりとしており、あまのじゃくでプライドが高い性格をしていました(笑)人を頼ることも苦手で、全て自分でなんとかしなければと、常に不安や焦燥感でいっぱいで、

うつ病になる前までの私は、自己肯定感や自尊心など『ありのままの自分を肯定する気持ち』がほとんどありませんでした。

自分を好きになるために、さまざまな努力をしました。

学生時代には、児童会や生徒会に入ったり、クラスをまとめる仕事、雑務でもなんでもやりました。

それでも自分を好きになることはできず、何処か自分について不信感や、自分を否定する気持ちがありました。

中学校時代に「ブス」「キモい」「死ね」といった暴言を吐かれても、笑って誤魔化したり、(教育上良いこととはとても思えませんが)叩いて反撃するそうした粗暴な一面も持っていました。それでもみんなに好かれたかったんです。

自分でも今思えば一歩間違えれば素行不良というか…あまり先生方にとっては安心して見守れる良い生徒ではなかったと思います。

私が中学生だった2012年ごろから、iPod touchでSNSを使うようになり、

容姿を磨いたり、ダイエットをしたり、みんなに好かれるような性格になろうと検索サイトを使って

「好かれる人 特徴」「嫌われないようにする方法」「可愛くなる方法」

と検索し、自分の粗を探して改善しようと必死でした。

この頃から、誰かに好かれたいという気持ちが強いあまり、他人の目を異常に気にするようになってしまいました。

誰かに好かれるための自分を演じていると、自分の心や本心がわからなくなってしまい、

周囲の価値観や行動に感情が振り回され、自分でも自分の心の痛みや傷に気づくことができなくなっていきました。

身体がSOSを出し始める

今思い返すと、小学校高学年から、自分の身体に異変を感じていました。

原因不明の腹痛や、長期間にわたって続く微熱、頭痛、倦怠感、身体のだるさ、耳鳴りなど

今思えばこの頃から抑うつの傾向があったのかもしれません。

もちろん、医療機関を受診してさまざまな検査を受けていました。

内科にも頻繁に通っては、風邪薬を処方してもらって、でも薬を飲んでも自分が大丈夫になったとは思えていなかったんだと思います。

いつでも不安でいっぱいでした。

学校の保健室にも頻繁に通ってはいたものの、自分の身体的な症状を言うことしかできず、

次第に先生方もあまり相手をしてくれなくなりました。

そうした症状がストレスが原因だとはこの時、気づきもしませんでした。

限界が来る

こうした生き方をしていた自分に、「もう止まりなさい」とうつ病が教えてくれたのかもしれません。

大学生になって、今まで真面目にやっていた勉強も、アルバイトもこの先の人生も、全てがどうでもいいと感じるようになりました。

アルバイトから帰ってきた後、いきなり涙が出始めたり、予定を限界まで詰めて自分の生き方から目を逸らし始めました。

自分を大切にすることができず、優先順位が、 他人の眼 > 自分 となっていました。

次第に、周りの人にもイライラすることが多くなり、どれだけ頑張っても人間関係がうまくいきませんでした。

自分と向き合う

私の異変に気づいた昔からの親友が、「うつっぽくない?」と気づいてくれたおかげで、

やっと精神科、心療内科を受診することができました。

病気を経て、心を含む健康の大切さを実感する

大学の教授や医務室の先生方、カウンセラーさん、先述した昔から連絡を取っていた友人達など様々な方々の支えにより、

2023年1月の現在の私は、まだ服薬をしているもののこうしてブログを書くことができるまでに回復しました。

闘病中には何度も苦しい、死にたい、生きていても意味がないと繰り返し自分を否定し、希望が全く見えませんでした。

しかし、私の人生このまま終わるのかな、と本気で思い、考え

希望や夢を失ったら本当に終わりだ

という結論に至りました。

困っている人、苦しい人に希望を示せる生き方をしたい

大学で教職課程を履修していた私は、学習心理学、発達心理学、人権、特別支援教育、教育相談といった人文学に興味があり、

自分の生き方や知識を使って、言葉で誰かの支えになりたい

という、価値観を自分の中に見つけました。

しかし、教師になるために、教職課程を最後まで終わらせるためには、大学4年生の間に教育実習を行うことが必要でした。

私には、その教育実習を行う体力がまだありません。

そして、今後うつ病の再発が怖くて教師にはとてもなれないと思いました。

教師になることを断念、自分にできることを探す

3年間必死に勉強していた教職課程を断念することは、自分にとってとても辛く、決断をするまでとても時間がかかりました。

それでも諦めることを選んだのは、自分にもできる別の方法を探し、考えていこうと思ったからです。

それが、こうしたブログやSNSを使ってみなさんに自分の体験や知識を踏まえてお伝えするという結果になりました。

長くなりましたが、今後まだまだ未熟者ですが、

生きることが辛い、苦しいと言う人にとって、安心できる居場所を作る

ことができたらと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

今後もHSPさんに限らず、ストレスを抱えた皆さんに共通して言えるメンタルヘルスケアについて

発信していくことができたらと思います。

以下他のSNSでも発信しているので、よかったら覗いてみてください。

Instagram : https://ig.me/22HtkgCw4zajYwW

spoon : https://kitachan-25.com

-ブログ
-, , ,